アクセス解析 ニコニコ底辺ユーザー・GANJIROのいろいろ日記 POGm@sterについて雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

POGm@sterについて雑記

 どうもです。今日は現在ニコニコで開催されている競馬企画「POGm@ster」(以下ポグマス)について書こうと思います。

 そもそも「ポグマス」とは一体何か?

・主催はそらなP

・アイドルマスターの765プロのアイドル+事務員(笑)がそれぞれ担当Pとタッグを組んでPOG(ペーパーオーナーゲーム)を行うというもの。(ちなみにPOGそもそもの説明はここを参照してください。)

・期間は2009年1月4日~2009年5月31日(日本ダービー当日)。

・各アイドルはそれぞれの個性に見合った明け3歳馬を7頭指名する。内訳は牡馬3頭+牝馬3頭+牡牝問わず1頭。但し指名が重複した場合はプロ野球のドラフト同様抽選を行う。

・そしてそれぞれの所有馬はこちら

・指名された馬が獲得した総賞金で順位を競う。



というもの。実は何を隠そう私・GANJIROはこれに参戦しております。但し名義はGANJIROではなく、やはりそこは「郷に入りては郷に従え」と言う訳で『蒲生P』という名義で参加させてもらってます。

 ところで何故自分が参戦することになったのか。そもそも自分はアイドルマスター自体はアケマスの架体を見たことはあるものも箱○も持って無く、ほぼ接点が無かったとっていい。しかしLotusPのウマドルシリーズを見て普段なら成立しないはずの「競馬*アイドルマスター」(×じゃあ無いですよ、念のため。)が成立したことをきっかけにタグ「アイドルマスター」はよくチェックするようになったのです。

 そして運命の出会いとなったのが昨年の秋。当時は「旅m@s」で活躍されていたそらなP様が「Um@dol m@ster決定戦」という企画を立ち上げた事によります。その際私は「ニコニコ競馬予想リンク」の住人の一人として挨拶をしたのが始まりでした。その後、二人で共作を持ちかけましたが、双方の都合が合わず断念。しかし、11月ごろにそらなP様のほうから「POGm@ster」の参加を要請されまして、それにホイホイ付いて行ったわけです。

 と言う訳で自分のポグマスにおけるスペックは以下の通りです。
・P名:蒲生P
・担当アイドル:水瀬伊織
・所有馬コンセプト:兄姉に重賞勝ち馬がいる馬
・所有馬
 ・牡馬
  ・1位 リーチザクラウン
   父:スペシャルウィーク
   母;クラウンピース
   厩舎:栗東・橋口弘次郎
   所有:臼田浩義
   生産:早来・社台ファーム

   こいつは俺の希望だったりする。姉のクラウンプリンセスはようやくオープンに上がってきた馬なのだが、デビュー2戦での勝ち方がすごかったのでどうしても入れてみたかった。なお次走はきさらぎ賞でそらなP所有のリクエストソングと激突予定。その後は皐月賞に直行予定。

  ・2位 アンライバルド
   父:ネオユニヴァース
   母:バーレークイーン
   厩舎:栗東・友道康夫
   所有:サンデーレーシング
   生産:ノーザンファーム
   
   こいつはダービー馬・フサイチコンコルドの弟。去年の10/26の「伝説の新馬戦」ではリーチザクラウン&ブエナビスタに先着し、デビュー勝ち。今年に入ってからは若駒Sを圧勝し、次走はトライアル・スプリングS。

  ・3位 タクティクス
   父:アグネスタキオン
   母:グレースアドマイヤ
   厩舎;栗東・松田博資
   所有:近藤英子
   生産:ノーザンファーム

   兄には有馬記念、天皇賞(春)、菊花賞と2着に入ったリンカーン(父:SS)、皐月賞優勝のヴィクトリー(父:ブライアンズタイム)がいる。2位のアンライバルドとは叔父と甥の関係。デビューが遅れていたが先週ようやくデビュー。重馬場に足をとられ5着敗退。次走はバレンタインの京都2200m。ココではエアグルーヴの仔、フォゲッタブルとのマッチアップが予定されている。

 ・牝馬
  ・1位 ブエナビスタ
   父:スペシャルウィーク
   母:ビワハイジ
   厩舎:栗東・松田博資
   所有:サンデーレーシング
   生産:ノーザンファーム

   ご存知昨年の最優秀2歳牝馬。兄にはアドマイヤオーラ、アドマイヤジャパンなどがおり、クラシックでの実績は豊富だがGIまでには届かず。しかもリーチの手から離れた瞬間GI取っちゃったからプギャーm9(^Д^)もの。次走はチューリップ賞から桜花賞、オークスへ。

   ・2位 エリザベスムーン
   父;ダンスインザダーク
   母:エリザベスローズ
   厩舎;栗東・大久保龍志
   所有:社台レースホース
   生産:社台ファーム

   母の産駒の勝ち頭はダートの長老・リミ爺ことリミットレスビッド。その他にもフサイチゼノン(2000年弥生賞)、アグネスゴールド(2001年スプリングS)とトライアルを沸かせながら故障で棒に振った馬もいる。前走・フェアリーSではゲートで立ち上がり出遅れるも、5着。次走は今週のエルフィンS。ただ、ここで勝たないとクラシックに乗れないかもしれない。

   ・3位 ランズエッジ
   父:ダンスインザダーク
   母:ウインドインハーヘア
   厩舎;栗東・池江泰郎
   所有:サンデーレーシング
   生産:ノーザンファーム
   
   母の名前からも分るとおり、兄は7冠馬・ディープインパクト。しかし、その背景からは想像が付かないほどの駄馬(?)ぶりを発揮orz。現在は一旦放牧に出され、次走はダートを予定しているとか。

  ・隠し玉 デオ
   父:フサイチコンコルド
   母:タニノシスター
   厩舎:栗東・角居勝彦
   所有:谷水雄三氏
   生産:カントリー牧場

   ご存知昨年の年度代表馬・ウオッカの妹。指名馬の中では唯一個人所有馬でもある。こちらもやはりスタートダッシュに躓き、2戦して未勝利。期待馬だっただけにまだ身体が出来てない状態で出てしまったのかもしれない。あ、もちろん伊織の「デコ」と掛けてます(笑い&汗)。


 こんな感じです。1位の両馬とアンライはどちらも期待が高いです。でも、他の馬が頑張らないと本当にいおりんに罵られそう。ちなみに俺には耐性があります。

釘宮病になんかにはかかりません。絶対にかかりません!!(大切なことなので二回言いました。)

 まあ、レースなどでこれらの馬が出てきた場合には暖かい声援だけでも送ってやってください。お願いします。
スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。